院内検査機器のご紹介

当院では病気の早期発見早期治療を目指しています。

そのために一番大事なのは五感を使った身体検査になりますが、さまざまな検査を組み合わせることでより詳細に体の状態を把握することができます。

ここでは当院で使用している主な検査機器についてご紹介します。

自動血球計算機

血液中の赤血球、白血球、血小板を測定できます。

これにより貧血や脱水などの状態を把握することができます。

血液生化学自動分析装置

さまざまな血液中の成分を調べることができます。

これにより肝臓や腎臓などの内臓に異常がないかどうかを調べることができます。

デジタルX線画像診断システム

X線検査は主に臓器の形や位置などを調べることができます。

がんや異物などの異常がある場合に発見することもできます。

超音波診断装置

超音波検査は主に臓器の構造などを調べます。

これによりX線検査では分からない臓器内の詳細を把握することが可能です。

心電図

心臓が気になる方に行う検査です。

特に不整脈の有無を確認します。

顕微鏡

血球の形状観察や皮膚の検査、便や尿の検査などさまざまな検査で活用しています。